[事例38]12級の後遺障害で,820万円から1500万円に賠償額が増加となった事案

依頼者

30代男性会社員。妻と小学生の子供が二人あり,妻はパート業。
兵庫県宝塚市内在住。

後遺障害等級

12級

解決までの期間

ご依頼から6カ月程度

保険会社提示額

823万円

賠償金額

通院慰謝料,休業損害,後遺障害慰謝料,後遺障害逸失利益等
すべて合わせて1500万円。

 保険会社の提示額から約2倍にUP! 

 

事故状況

大阪府池田市内の職場にバイクで通勤途中に,車線変更してきた軽自動車に右側から追突されて転倒し,地面に体を打ち付け,短時間ながら意識を喪失したもの。

自覚症状:左腕を上げることができない,肩から首にかけての痛み,左膝の重い痛み,肩の痛みのため重いものが持てない,つり革が持てない,鎖骨骨折後の変形のため,鞄が鎖骨にあたるなどすると大変痛む。
傷病名:左鎖骨遠位端骨折,頸部捻挫,腰部打撲,左膝打撲,左足首捻挫,左足指打撲,左上肢打撲,左上肢・顔面擦過傷

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

後遺障害等級としては重い等級でしたが,障害の内容が長期にわたる逸失利益を認められにくいものであったため,相手保険会社から理解を得られるためにはかなり時間を要しました。
ご依頼者の就労内容や勤務実態,仕事に与える後遺障害の影響・支障などを丁寧に立証説明した結果,相応の賠償額で合意が得られました。
また,過失割合にもやや争いがありましたが,多数の刑事記録を取り付けるなどし,当方過失が大きくないという内容で話を進めていくことができました。
ご依頼者様は,弁護士費用特約のご契約加入がなかったため,弁護士費用としては,着手金無しで,相手方保険会社から賠償金が支払われた後に,その賠償額から弁護士費用を最後に支払っていただく形となりました。
弁護士が代理人として介入したことで,当初の相手保険会社からの提示額のおおよそ倍の示談で終了となったため,弁護士費用特約が無くても,ご依頼者様のお手取り賠償額は数百万円も増加していますが,もし事故の時に特約に加入されていれば,ご負担なく,相手からの賠償額全額をお受け取りいただくことができたのにと残念に感じました。
なお,ご依頼者様は事故後に弁護士費用特約に加入されたとのことです。
特にバイクの方は,保険契約が手薄なことが多いのですが,事故で重いけがをされる方の多くはバイク利用者の方です。未加入の方はぜひ弁護士特約にお入りください。

12級の最新記事

会社員の最新記事

捻挫・むちうちの最新記事

男性の最新記事

肩の最新記事

膝の最新記事

解決事例の最新記事

骨折・打撲の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP