[事例43]後遺障害12級認定の上,1000万円以上の賠償金の得ることができた事例

依頼者

40代女性看護師

後遺障害等級

12級6号

解決までの期間

事故から約2年

保険会社提示額

680万円

賠償金額

1020万円

 保険会社の提示額から1.5倍にUP! 

 

事故状況

被害者が二輪車で交差点に進入したところ,右方から交差点に進入してきた二輪車と出会い頭で衝突,被害者は転倒して手首等3か所を骨折する重傷を負いました。

自覚症状:被害者は今回の事故で右手を骨折しました。骨折の治療はうまくいったのですが,手術後も右手に力を入れると痛みが強く,字を書く動作も痛みで制限されるような状況でした。何もしない状況でも常時痺れの症状もあり,左手に比べ皮膚の温度も冷たく感覚が鈍くなっていました。事故から1年半ほど治療を継続したものの症状改善は見られず症状固定,後遺障害が認定されるに至りました。

傷病名:右橈骨尺骨遠位部骨折,右示指中手骨骨折,頭部打撲他

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

通院中からご依頼をいただいたこともあり,リハビリの計画や後遺障害診断書作成にあたってアドバイスをさせていただくことができました。
後遺障害診断においては適切な等級の認定を受けることができたのでこれをもとに賠償金の交渉を開始しました。

賠償金を決めるにあたって特に争点となったのは被害者の逸失利益についてでした。
被害者は看護師という資格を持っていたものの事故当時はフルタイムで稼働していたものではなく,現実の収入は決して高いものではありませんでした。

他方で被害者は,自宅では家族の為に家事をする主婦という側面も持っていたため,今回の事故の賠償においては,兼業主婦として,女性平均賃金をもとに逸失利益の賠償を求めました。
また,労働能力喪失期間についても,12級の場合においては10年程度に制限されることもあるものの,被害者の症状を具体的に指摘したうえで,20年の賠償を求めました。

この結果,保険会社からの当初の提示は680万円程度でしたが,最終的には女性平均賃金での逸失利益の計算,労働能力喪失期間を20年とすることで合意ができ,最終の賠償額は1020万円という金額で解決することができました。

12級の最新記事

女性の最新記事

手の最新記事

橈尺骨の最新記事

解決事例の最新記事

骨折・打撲の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP