[事例50]60歳代ご夫婦がご主人14級、奥様が12級で、合わせて980万円を取得したケース

依頼者

兵庫県宝塚市在住の夫婦、子供と3人暮らし

後遺障害等級

夫は14級9号、妻は12級13号

解決までの期間

症状固定から1年

保険会社提示額

無し

賠償金額

傷害慰謝料、通院交通費、後遺障害慰謝料、逸失利益、親族付き添い費用等含め、治療費を除いて夫は総額300万円で示談。妻は総額680万円で示談。
あわせて980万円。

 

事故状況

夫の運転する軽トラックの助手席に乗車中、ハンドル操作を誤った加害車両に交差点で斜めから衝突されて車両は大破し、運転者である夫も助手席の妻も大けがをしたもの。

自覚症状:腰痛、肩の痛み、手と足先の痺れ。

傷病名:腰椎骨折、右肩腱板断裂、頚椎捻挫、擦過傷

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

事故の態様は激しく、乗車中であった軽トラックは大破していました。

軽トラックは、荷物運搬が主たる目的の車両ですから、乗員を保護する機能はさほど重視されていません。
したがって、普通乗用車に乗車中に比べると、軽トラック乗車中の場合に事故で乗員が受ける衝撃は、より大きいものとなります。

この方も、運転席のご主人も腰椎捻挫、頚椎捻挫でかなりの痛みが長く続き、リハビリを続けましたが14級の後遺障害が遺っています。
奥様については、腰椎骨折で長く入院され、事故からしばらくたってから腱板断裂と診断されました。
肩の痛みは訴えておられましたが、腰椎骨折は複数個所にわたっており、その治療が優先されている間に時間が経過したものです。

このように、大きい骨折などがある場合に、他の部位の傷害が見過ごされ、病名の判断が遅れることは実はよくあります。
この場合、事故とその傷病名との因果関係が非常に問題となります。

特に、この方の場合は、治療の後半部分のほとんどは、腱板断裂に対する手術、入院、治療、リハビリであったため、因果関係の認定は非常に大きな問題でした。
この点については、大量のカルテと入院記録、画像をもとに、鑑定専門医師の協力も仰ぎながら進め、結果としては、全治療に対して治療費、交通費、慰謝料、そして、主婦としての休業損害が認定されました。

奥様が事故前のように家事ができなくなった分、ご主人がそれを一手に引き受けられましたので、その負担はとても大きかったです。
その点も考慮し、奥様については680万円、ご主人(後遺障害14級)については300万円、あわせて980万円の示談金を受領いただきました。

なお、奥様については画像の鑑定費用が20万円近くかかりましたが、ご加入の弁護士費用特約で負担されましたので、結局、被害者の方は一円も負担なく、賠償金を全額受け取っていただけました。

12級の最新記事

14級の最新記事

シニアの最新記事

主婦の最新記事

女性の最新記事

捻挫・むちうちの最新記事

男性の最新記事

肩の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

首(むちうち)の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP