[事例56]40歳代公務員女性が大腿骨骨折後の14級で360万円を取得したケース

依頼者

兵庫県川西市・40代・女性・教員公務員

後遺障害等級

14級9号

解決までの期間

症状固定から4カ月

保険会社提示額

200万円

賠償金額

361万円

 保険会社の提示額から180%にUP! 

 

事故状況

夫の運転する軽トラックの助手席に乗車中、ハンドル操作を誤った加害車両に交差点で斜めから衝突されて車両は大破し、運転者である夫も助手席の妻も大けがをしたもの。

傷病名:左大腿骨転子骨折、右股関節機能障害

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

相手車両が突然突っ込んできたために接触して転倒して骨折し、入院期間は2か月ほどに及んでいます。

事故のショックが大きく、長く運転ができない、事故現場に近づくと動悸がする、怖い夢を見る、自分以外の親族や大切な人が事故に遭うのではないかと不安が募って行動できなくなる、その不安から、家族などの行動を制限しようとする、といった精神的にも不安定な状態になられましたが、安定剤を適宜服用するなどしてきちんと対応されました。

事故によるこうした不安定な状態は、事故の重い軽いとはあまり関係なく、一定程度の割合で出現するひとつの症状と考えられます。

これが長期に治らず、悪化して、精神科の長期治療を必要としたり、寝込んでしまうといった方も少数おられますので、事故による心身の負担は非常に大きいことがわかります。

この方は、公務員の方の、通勤途上での事故でしたので、治療費や休業中の給料などは公務災害ですべて補てんされましたので、相手保険会社との関係では、入通院慰謝料や、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益だけが争点となりました。

逸失利益もほぼ請求通り認められ、総額で360万超の賠償額で示談となりました。

示談を契機に、事故のことはすっきり忘れるという気持ちになられたようで、今は元気にお仕事に通っておられるとのこと、私たちもそれをうかがって大変ホッとしました。

14級の最新記事

大腿骨の最新記事

女性の最新記事

解決事例の最新記事

骨折・打撲の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP