[事例58]過失を最低限の相殺にとどめ,約270万円の賠償を得たケース


  依頼者

 20代会社員

  傷病名・主な症状

 右手母指骨折,両肩,腰部打撲等

  後遺障害等級

 14級9号

  解決までの期間

 症状固定から半年

  賠償金額

 約270万円

 当方の過失を最低限の相殺にとどめました

 

事故状況

二輪車を運転中、交差点において側面から自動車に追突されて負傷。

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

右手に骨折があり,骨癒合は良好でしたが痛みが残存,一部可動域制限も見られるような状況でした。

画像上は異常所見は見られなかったため,本人の自覚症状,事故の程度,治療経緯等を丁寧に説明したところ無事後遺障害14級9号を獲得,当方にも過失がある案件でしたが,こちらについても最低限の相殺にとどめ,約270万円の賠償を得ることができました。

14級の最新記事

会社員の最新記事

手の最新記事

等級別の最新記事

職業・年代の最新記事

解決事例の最新記事

部位別後遺障害の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP