[事例64]保険会社からの提示が適正かのご相談に来られて提示額の270%を獲得したケース


  依頼者
 50代女性・会社員の方

  傷病名
 頸椎捻挫,腰椎捻挫,右肩打撲傷,左肩打撲傷

  後遺障害等級
 併合14級

  保険会社提示額
 164万1223円

  解決までの期間
 約70日

   最終示談金額
 450万4755円

  保険会社の提示額の 270%!  

 

事故状況

Uターンしようと右折車線で停車中,対向車線を直進してきた相手方車両に衝突されたもの。

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

 頚部,腰部それぞれにつき後遺障害14級の認定を受けておられ,相手方保険会社より賠償額の提示があったものの,それで受けてよいのかどうか不安があり,ご相談に来られました。

 提示額を見ると,一部の休業損害が計上されておらず,経過をお尋ねしたところ,休業損害証明書原本をまだ送ってなかったからということが判明しました。この提示のまま示談してからではその休業損害の請求もできないところだったので危ないところでした。

 また,慰謝料や後遺障害逸失利益の算定も,被害者に不利となるような計算方法が採られていました。慰謝料や逸失利益は計算方法が複雑なので,初めて事故に遭われた方は,保険会社の計算方法が妥当かどうか判断が難しいのです。そこでご相談中にすぐにその場で試算したところ,数百万円の増額は見込めそうだということが分かりました。

 このご依頼者は弁護士費用特約へのご加入はありませんでしたが,こうした増額が見込めたため,弁護士費用を差し引いてもお手取り金額が増えることは間違いありませんでしたので,ご依頼となり,実際保険会社と粘り強く交渉を行った結果,提示金額の約270%の金額で示談することができました。

14級の最新記事

会社員の最新記事

女性の最新記事

性別の最新記事

捻挫・むちうちの最新記事

症病の状態の最新記事

等級別の最新記事

職業・年代の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

部位別後遺障害の最新記事

首(むちうち)の最新記事

骨折・打撲の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP