[事例67]足指の痛みが残り1100万円超の賠償金を獲得したケース

  依頼者  40代女性
  後遺障害等級  12級12号(1足の第一の足指の用を廃したもの)
  保険会社提示額  \1,628,491(後遺障害申請前の提示)
  解決までの期間  ご依頼から9か月
  最終示談金額  \11,036,096

 保険会社の提示額から7倍近くUP! 

 

事故状況

ご依頼者様が自転車で直進中,左折して路外進入しようとした軽自動車にはねられたもの。 この事故により,右太もも裂傷,右足親指骨折,腰椎捻挫等の怪我を負いました。   H and パートナーズ 川西事故 解決事例  

解決のポイント  相手方保険会社の担当者の対応が良くないとして,ご相談に来られました。ご症状としては,一番気になるのは骨折した足指の痛みで,長距離を連続して歩けない,先の細い靴など足に負担のかかる形状の履物が履けないなど,生活上の支障も多く,今後の悪化も心配されるため,少しでも多く賠償金を受け取る必要がありました。  事故から約7か月半経った頃,症状に大きな改善が見られなくなってきたため症状固定として,後遺障害申請の検討に入りました。なお,この時相手方保険会社から,何故か後遺障害非該当を前提での示談金の提示がありましたが,弁護士委任してない場合はこれで示談してしまう場合もあると思うと,ぞっとしました。  そしてその時点で考えられた後遺障害は,足指の用廃と神経症状(痛み等)でしたが,おうかがいする症状からだと,必ず等級が付くだろうとも言い切れない状況でした。そこで,後遺障害診断書の記載内容がボケないよう,用廃を理由とする後遺障害を照準に絞り,用廃認定に必要な情報を全て後遺障害診断書を書いてもらうようご説明しました。  その結果,狙い通り用廃で後遺障害が認定されました。  その上で,家事休業損害や逸失利益,そして過失割合など交渉事項はありましたが,ほとんど当方請求通りに認められ,結果的には,後遺障害非該当を前提にした相手方保険会社提示より950万円ほど増額した金額で示談ができました。  なお,後遺障害は悪化する可能性もゼロではないので,悪化の際には再度交渉が可能である一文を示談書に記載することで,今後の悪化可能性についてのご心配も一定程度解消することができました。    H&パートナーズ法律事務所には,交通事故や後遺障害の交渉経験が豊富な弁護士が多数所属しております。ご依頼者様から丁寧にお話を伺いながら交渉を進めて参りますので,ご安心して無料相談にお越しください。なお,当事務所は兵庫県川西市,梅田,高槻に拠点がありますが,遠方の方はもちろん,関西近辺でも,ご来所が難しい方には出張相談を行います。その点もお気軽にお問い合わせください。

12級の最新記事

主婦の最新記事

女性の最新記事

性別の最新記事

捻挫・むちうちの最新記事

症病の状態の最新記事

等級別の最新記事

職業・年代の最新記事

腰の最新記事

解決事例の最新記事

足の最新記事

部位別後遺障害の最新記事

骨折・打撲の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP