[事例9]過去に後遺障害認定を受けたことのある被害者について,再度後遺障害が認定された事例

依頼者

40代男性

後遺障害等級

14級9号

解決までの期間

6カ月

保険会社提示額

なし

最終示談金額

315万円

 

事故状況

車両運転時に追突された

自覚症状:頚部痛及び腰部痛
傷病名:頚部捻挫,腰部捻挫

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

ご依頼者様治療期間中から受任しました。
ご依頼者様は,過去にも追突事故に遭われた経験があり,その際にも後遺障害が認定されていました。
但し,この後遺障害が頚部に関するものだったため,今回の事故に基づく腰部捻挫について仕事への影響等も含めて丁寧に主張した結果,腰部について後遺障害14級9号が認定されました。

14級の最新記事

会社員の最新記事

捻挫・むちうちの最新記事

男性の最新記事

腰の最新記事

首(むちうち)の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP