[事例22]裁判の結果,後遺障害併合11級が認められ,2000万円以上の賠償金を獲得した事例

依頼者

男性正社員・30代

後遺障害等級

併合11級

解決までの期間

治療終了から12か月

保険会社提示額

なし

賠償金額

傷害分179万,後遺障害分1897万,ご本人最終取得額2135万。

 

事故状況

バイクで直進中右折してきた四輪車と接触した事案

自覚症状:右腕手首が動かしにくい
傷病名:脳震盪,外傷性健忘,右橈骨遠位端骨折

 

H and パートナーズ 川西事故 解決事例

 

解決のポイント

右手首の骨折部分のゆ合が不完全であるとして偽関節が認められ「長管骨に変形を残すもの」として12級8号が,また,同様に骨折部のゆ合が不完全であったことから,手首の可動域に制限が生じ,健康な側の4分の3以下となってしまったため,「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として12級6号がそれぞれ認められ,併合で11級となりました。
相手方は,可動域の制限について,「検査時にわざと動かないようにした」等と難癖をつけてきましたが,当方の主張が認められ,後遺障害が認定されました。

11級の最新記事

会社員の最新記事

男性の最新記事

解決事例の最新記事

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP