運転中に居眠りをして,自転車に乗っていた方を怪我させてしまいました。

Q 自動車運転中に居眠りをして,自転車の子供にぶつかってケガをさせ,自転車も大破させてしまいました。今後,私はどのような責任を問われるでしょうか。

A 交通事故を起こした運転者は,①民事上の責任,②行政上の責任,③刑事上の責任を問われることになります。

① 民事上の責任は,民法709条や自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づく責任で,被害者からケガに関する損害と自転車に関する損害につき賠償請求されるでしょう(人身事故の損害の内容 もご参照ください)。民法709条では,人的損害(死亡,傷害,後遺障害 )と物的損害が対象となり,自賠法では人的損害のみが対象となります。

② 行政上の責任は,交通安全の維持向上を目的として,行政庁(公安委員会)が,交通事故を起こした運転者に対して行う処分です。違反点数の加算による免許の停止や取消処分等の処分がなされる可能性があります。

③ 刑事上の責任は,各種の処罰規定への違反を理由に,裁判所の判断によって制裁を科される責任です。交通事故では,運転や過失 の態様,事故の結果により,自動車運転過失致死傷罪,危険運転致死傷罪,酒酔い運転,酒気帯び運転等の罪責を問われ,懲役・禁錮・罰金等が科される可能性があります。

ご質問のケースでは,過失運転致傷罪 が問題となるでしょう。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP