交通事故による怪我の場合,健康保険は使えないのでしょうか。

Q 交差点で衝突事故を起こし,怪我をしました。双方に前方不注意があり,私も過失を問われそうです。病院で検査や治療を受ける予定ですが,交通事故による怪我の場合,健康保険は使えないのでしょうか。

A 交通事故による怪我にも,健康保険(組合・共済健康保険,国民健康保険等種類を問わない)を使用した診療を受けることができます。

 交通事故には健康保険が使えない,というのは誤解で,旧厚生省から交通事故による怪我の診療にも健康保険が使用できる旨の通達が出され,裁判所は,交通事故による受傷でも,原則として医療機関は患者から保険診療の要望を拒絶できない旨の見解を明らかにしています。

 健康保険を使用する場合には,医療機関に対し,診療に健康保険を使用したい旨を明確に伝えた上で,保険者(組合,市町村,社会保険事務所)に対し,「第三者行為による傷病届」を提出する必要があります。

 健康保険を使用しない場合,医療機関が自由に診療対価を定めてもよい自由診療の扱いを受けることになり,通常は健康保険を使用した場合よりも診療費は高くなり,交通事故による全体の損害額も増額します。そして,各保険者は医療機関に払った診療費を加害者に請求することになりますが,被害者にも過失があり過失割合に相当する損害額を負担すべき場合,加害者が任意保険や自賠責保険にさえ未加入の場合,ひき逃げ等で加害者を特定できない場合等,加害者から十分な損害を賠償してもらえないリスクを考えると,健康保険を使用することで,結果的に被害者の手元に残る賠償金が増え,メリットがあるといえます。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP