人身事故の被害者として、加害者に対してどのような損害賠償を求めることができますか。

Q 主人が歩行中,信号無視のトラックにはねられ,一命を取り留めても障害が遺る可能性が高いと言われています。人身事故の被害者として、加害者に対してどのような損害賠償を求めることができますか。

A 今後のご主人の状況に応じて,以下の人身損害(交通事故によって人に傷害または死亡結果が生じた場合の損害)の賠償を求めることができます。なお,他に物的損害(衣服や所持していた物の損害)がある場合,別途物的損害の賠償を求めることができます。

1 財産的損害

(1)積極損害

・治療費,付添看護費,通院交通費,入院雑費,診断書費用等

・重篤な後遺障害が残る場合には,将来の介護費用や介護のためのリフォーム費用

・死亡の場合には,葬儀費用や墓代

(2)消極損害

休業損害,後遺障害逸失利益,死亡逸失利益

2 精神的損害

傷害(入通院)慰謝料,後遺障害慰謝料,死亡慰謝料


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP