示談後に発生した治療費やその分の慰謝料を加害者に請求できますか?

Q 1週間前に追突事故でむち打ち症になりましたが,今のところ痛みもなく,加害者から早く示談したいと言われているので示談しようかと考えています。仮に,先に示談してから,首の痛みがひどくなった場合,示談後に発生した治療費やその分の慰謝料を加害者に請求できますか。

 

A 示談成立後は,原則として同じ事故に起因する損害賠償請求は認められません。

交通事故における示談とは,一般的には,加害者が被害者に対し一定額の金員を支払う旨を約束し,被害者はその一定額を受領した後,加害者に対して当該事故に関する一切の損害賠償請求をしないことを当事者間で約する書面を交わすことを指します。

当事者双方が真意において示談を成立させる目的で,正当な範囲で損害賠償の額を定めて示談を成立させ,その内容に即した賠償金が支払われた場合,原則,示談後に治療費が増加してもそれを改めて請求したり,示談書に記載した金額ほど損害が生じなかったとして,加害者から示談金の返還を求めることはできません。

もっとも,相手から強迫を受けて無理やり示談させられた場合や,保険金を詐取するために当事者が協力して虚偽の示談書を作成したような場合には,示談を取り消したり無効とすることが可能です。また,示談はあくまでその時点での状態を踏まえ必要な範囲での損害賠償を定めるものですから,示談締結時に当事者が予想し得なかった事態の変化による損害(後遺障害の発生や再手術等による医療費増大分など)については,示談後においても加害者側に賠償請求できることを裁判所も認めています。

一度示談した内容を覆すことは極めて困難ですから,まだ事故から1週間しか経っておらず,今後さらなる痛みや不具合が生じ,治療が必要となる可能性も踏まえ,もう少し様子を見て示談するか慎重に判断することをお勧めします。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP