入社が遅れたためにもらえなかった1年分の給与相当額を加害者に請求できますか?

Q 大学4年生の子供が交通事故で大けがをし,半年間入院しました。一般企業への就職が内定していましたが,入院のため卒業が一年遅れ,一年遅れで内定先の会社に入社しました。入社が遅れたためにもらえなかった1年分の給与相当額を加害者に請求できますか。

 

A 内定先の会社の1年分の給与相当額を加害者に請求することが可能と考えられます。

 休業損害は,原則として,実際に休業し,かつ,そのために収入が得られなかった期間において現実に減収があった場合にのみ認められます。

しかし,事故による受傷のため,就職が遅れたような場合,遅れた期間分の給料相当額は事故のせいでもらい損ねたものと考えられます。特に一般企業や官公庁へ就職し給与所得者となる場合,通常,勤務先に定年制度があるので,就職が遅れた期間の給料相当額はその後も取り返せない可能性があります。

裁判例でも,交通事故による受傷を原因として学校の卒業または就職の時期が遅れた場合に,就職すれば得られたはずの給与額等を,交通事故により発生した損害として,加害者へ賠償請求することを認めたものがあります。

 なお,学生でも,アルバイト等の収入があり,かつ,事故による休業を理由に減収がある場合には,休業損害が認められます。ただし,休業損害は症状固定時期までしか請求できず,症状固定後は後遺障害逸失利益として損害が評価されることに注意が必要です。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP