交通事故に関する説明で,「運行供用者」という言葉を耳にしますが,どういう意味でしょうか。

A 「運行供用者」とは,自動車損害賠償補償法(自賠法)上,被害者に対して,実質的に過失が無くても責任(無過失責任)を負う者をいいます。具体的には,自動車の使用についての支配権(運行支配)を有し,かつ,自動車の使用による利益(運行利益)が帰属する者と解されています。事故発生時に加害車両を運転していた者や当該車両の所有者は,原則として運行供用者にあたります。

 運行供用者は,

①自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと

②被害者または運転者以外の第三者に事故発生に関する故意過失があったこと

③自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったこと

の全てを自ら立証しなければ,被害者に対して損害賠償責任を負うことになり,非常に重い責任といえます。

責任内容も,被害者保護のため,一般の不法行為に基づく損害賠償請求よりも,責任を負うべき者の範囲が拡大され,被害者側の主張立証責任の負担が軽減されている点が特徴といえます。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP