加害者がレンタカー利用時に事故を起こした場合、レンタカー会社に損害賠償を請求することはできませんか。

Q 運転中に後続車に激突され首を捻挫しました。加害者は現在意識不明だそうですが,レンタカー利用時の事故だと警察に言われました。レンタカー会社に損害賠償を請求することはできませんか。

A レンタカー会社に対し,自賠法に基づく損害賠償請求が可能と思われます。

自賠法は,自動車人身事故の被害者の迅速な保護・救済実現のため,自動車の「運行供用者」に実質的な無過失責任を負わせています(運行供用者の責任については,3.029をご参照ください)。

運行供用者責任の根拠は,自己の車両の支配権(運行支配)と使用による利益(運行利益)を有する点にあります。

レンタカー会社の場合,レンタカーを借すことで賃貸料(利益)を得ています(運行利益)。また,自動車を貸す際に,借主の運転免許証を提示させ,使用時間,目的,行き先等を確認しますし,リースと異なり短時間の貸与が主流です。こうした点から,レンタカー会社は車両の貸与後も原則として車両運行利益を失わないと解されています。

したがって,ご質問では,レンタカー会社への損害賠償請求が可能と考えられます。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP