賠償金計算における3つの基準

スタッフ一同私たちが日々交通事故の被害に遭われた方からご相談をお受けする中で、特に心を痛めている問題は、保険会社が提示する損害賠償額は必ずしも適切ではない、ということです。
もっとはっきり言うと、裁判所の基準から見ると、明らかに低い金額を提示することが多いのです。
そして、被害者は、「交通事故の専門家である保険会社からの賠償金提示だから正しいのだろう」と、何も疑うことなく信用して、示談に応じてしまうことが少なくありません。

しかし、これはあくまでも保険会社が、自らの基準で提示しているだけで、裁判所の基準に比べると、大幅に低いこともあるのです。
交通事故の損害賠償額については、「基準」と一口に言っても、大きく分けると3つの異なる基準が存在します。①自賠責基準②任意保険の基準③裁判所の基準の3つです。
①<②<③の順で賠償額が大きくなりますのでこの3つの基準のうち、どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって、賠償金額が大幅に異なってきます。

私たち弁護士が、交通事故の被害者にご依頼を頂いて、保険会社と示談交渉をする時は、もちろん裁判所の基準を元に交渉しますので、保険会社の提示額よりもかなり高くなることが多いのです。

ここでは、この3つの基準の違いについてご説明します。適正な賠償金を受け取るためにも、この3つの基準の違いについてしっかりと理解しておいてください。

①自賠責賠責基準

自賠責保険は、誰もが車を所有する際に加入しなければならない保険です。自賠責保険は国が最低限の補償を提供しているものですので、任意保険の基準や裁判所の基準と比較すると、最も賠償額が低い基準になります。

②任意保険の基準

任意保険は自賠責保険と異なり、任意で加入する保険です。任意保険は、自賠責保険でカバーすることができない損害を補填することを目的とした保険ですので、任意保険の基準で損害賠償額を計算すると、自賠責基準で算出した損害賠償金額より高額になる傾向はあります。
しかし、任意保険基準は③の裁判所の基準より低く、また、保険会社は、自賠責保険の範囲内で賠償を収めようとして、不当に低い提示しかしてこないことも非常に多く感じます。

③裁判所の基準

裁判になった時に裁判所が用いている基準です。裁判所の基準を使って損害賠償額を算出すると、殆どの場合、自賠責基準、任意保険の基準よりも高額になります。「裁判所の基準」といいますと、裁判をしないと行けないのか、とお思いかもしれませんが、そんなことはありません。弁護士が介入すれば、示談の段階から「裁判基準で払わないと後で裁判になるぞ」と保険会社に思わせることで、裁判所基準での示談が可能となるのです。

3つの基準の比較
     ①自賠責基準 < ②任意保険の基準 < ③裁判所の基準

このように、私たち弁護士が、交通事故の被害者にご依頼を頂いて、保険会社と示談交渉をする時は、もちろん裁判所の基準を元に交渉しますので、保険会社の提示額よりも高くなることが多いのです。

とは言え、裁判所の基準は、あくまでも一般的な基準ですので、それぞれの具体的なケースにおいてどのように適用されるのかは、判断が難しいところだと思います。

適切な賠償金を受け取るためには、保険会社から示談の提示があった際、又は事前に専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP