弁護士と行政書士の役割の違い

スタッフ一同インターネットで交通事故の専門家をお探しの際、弁護士のホームページだけでなく、行政書士の先生のホームページもあったのではないでしょうか(一見すると誰が作成したのかわからないようなホームページもよく見ると行政書士が作成したものであることがよくあります)。

そのため、当事務所にも「弁護士と行政書士はどう違うのですか」、「弁護士と行政書士の、どちらに相談すべきですか」とお問合せを頂くこともあります。

まずは、下の表をご覧ください。

弁護士と行政書士の業務内容の違い

業務内容

弁護士

行政書士

書類作成

△(※)

示談交渉

×

調停

×

訴訟

×

※行政書士は、保険会社に提出する資料は作成できますが、裁判所へ提出する資料の作成ができません。

交通事故の被害者救済においては、大きく分けて、2つのポイントがあります。

1つ目は、治療や検査・診断書について、アドバイスし、適切な後遺障害を認定してもらうこと。
2つ目は、保険会社と交渉(場合によっては、裁判)をして、適切な賠償金を支払ってもらうこと。
です。

このうち1つ目のポイントはあくまで相手方の保険会社からより多くの賠償金を受け取ること目的としていますので、結局は2つ目の保険会社と示談を進めることができることが決定的に重要です。

上記表のとおり、弁護士は保険会社との示談交渉はもちろんその後の裁判の代理人にもなれますが、行政書士は一切代理人として交渉するができないのです。
このように弁護士と行政書士では法律上可能な行動の範囲が全く違いますので、法律上適切な金額をきちんと受け取るためにも、必ず弁護士にご相談されることをお勧めします。

なお、行政書士が、あたかも代理人として交渉して、賠償金を獲得することを喧伝している場合は、弁護士法という法律違反になります。

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP