後遺障害(後遺症)について

後遺障害(後遺症)とは、交通事故が原因で負った怪我が、事故後に適切な治療を受けたにも関らず、「医学上、これ以上の回復が見込めない」と判断された症状のことをいいます。

後遺障害(後遺症)というと植物状態のような重篤なケースのみを想像される方もおられますが、一口に後遺障害と言っても、比較的軽度のものから重度のものまで様々な種類があります。

交通事故で後遺障害を負った場合、保険会社から支払われる賠償金額は、この後遺障害の等級によって、大きく異なります。

例えば、交通事故被害で最も多い後遺障害は、いわゆる「むちうち」ですが、同じ「むちうち」でも、等級が12級13号と14級9号、後遺障害等級なし(非該当)とでは、下図のように金額が大きく異なります。

「むちうち」の後遺障害等級による賠償金額の違い(自賠責のみの請求時)

「むちうち」の後遺障害等級による賠償金額の違い

後遺障害が非該当であれば0円になってしまいますし、12級と14級とでも3倍近い違いがあるのです。

そして、弁護士に依頼すれば賠償金額が上がるといっても、一旦14級と認定された場合、12級並の賠償額に上げられる訳ではありません。
従って、保険会社と交渉する前段階で、然るべき等級認定を受けておくことが極めて大切なのです。

そのため、弁護士の中には、示談交渉からしか依頼を受けていない先生もおられますが、当事務所は、事故直後からご相談を受け、後遺障害等級の認定も含めた、ご相談に応じています。

後遺障害についてはこちらもご覧下さい。

>>>後遺障害の損害賠償

>>>後遺障害の等級認定

>>>後遺障害の診断書

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP