休業損害(きゅうぎょうそんがい)

交通事故によりケガをした場合,治療や検査のためにやむを得ず休業し,その間収入を得ることができなかったことによる損害をいいます。休業期間は実際に休業し,かつ,そのために収入が得られなかった期間であり,現実に減収があった場合にのみ休業損害として認められるのが原則です。給与所得者の具体的な休業損害額は,雇用者(勤務先)が発行する休業損害証明書に記載された,事故前3か月間の平均給与額から一日当たりの基礎収入を算出し,その額に休業日数を乗じて算出します。なお,休業損害が認められるのは、治癒または症状固定までの期間です。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP