後遺障害(こういしょうがい)

交通事故が原因で負った怪我が、適切な治療を受けたにも関らず、「医学上、これ以上の回復が見込めない」(症状固定)と判断された症状のことをいいます。
問題の後遺障害が自賠法施行令の定めるどの等級(1級から14級)にあたるかについて、損害保険料率算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所が判定します。後遺障害の等級に該当すると認定されると、自賠責保険から所定の保険金(75万円から4000万円)が支払われ、認定された等級を前提にして任意保険会社と未填補部分の損害賠償額の交渉をすることになります。
後遺障害の等級が認定されるか否かで賠償額は大きく変わりますので、事故後早い時期にご相談されるのがいいでしょう。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP