不法行為に基づく損害賠償請求(ふほうこういにもとづくそんがいばいしょうせいきゅうけん)

故意(わざとすること)または過失(により、他人の権利や利益を違法に侵害した場合に、その行為により生じた損害賠償を請求することをいいます。裁判では、故意や過失、他人の権利侵害、損害の発生、因果関係について、請求する側で十分な主張・立証をすることが必要です。
不法行為に基づく損害賠償請求は、損害および加害者を知ったときから3年の消滅時効がありますので、注意が必要です。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP