むちうち(鞭打ち)について

むちうちの症状

「むちうち」は、自動車の追突事故などが原因で起こる症状ですが、正式な名称ではありません。
正式にはなく、頚椎捻挫(けいついねんざ)、頸部挫傷(けいぶざしょう)、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)、バレ・リユウー症候群などと診断されます。
典型的な症状は首の痛み、肩こり、腕や手指の痺れ、などです。

むちうち症の等級認定について

むちうちは、後遺障害として認められないと思い込まれている方もおられるのですが、実際には、むちうちでも後遺障害が認められることはあります。実は、全部の後遺障害認定の中で最も多く、半分以上を占めているのは、むちうちのケースなのです。
但し、むちうちであれば、必ず後遺障害が認められる訳ではなく、下記の表が認定の基準となります。

等級

労働能力喪失率

労働能力喪失期間

認定基準

12級13号

14%

5~10年

局部に頑固な神経症状を残すもの

14級9号

5%

5年以下

局部に神経症状を残すもの

むちうちの場合の留意点

上記のように、むちうち症は、後遺障害の中で最も多いケースです。しかし、逆に言うと、全体の数が多いので、認められないケースも最も多いのです。
後遺障害がきちんと認定されるかどうかで、損害賠償額が数百万円以上異なる場合もありますので、適切な治療や診断を受けることが極めて重要です。
例えば、神経症状が残っているかどうかを診察するにはMRIなどの機器を用いますが、医院や医師によっては、これらを使用しないために、神経症状を確認できないことがあります。
逆に、交通事故によるむちうち症の後遺障害に精通した医師であれば、適切な診察や治療を受けることが出来、適切な診断書を作成してもらえることが期待できます。

また、むち打ちは、MRI等の検査では何も映らず全く証明できないことも多くあります(むしろこの方が多いと思います)。
しかし、その場合でもあきらめる必要はありません。
①整形外科や整骨院に定期的に通うこと、
②整形外科等で適切な治療を受け続けること、
③痛み止め等の薬やシップの処方を受け続けること、
④後遺障害診断書作成において適切な記載を求めること
等様々な手法を用いることで、14級の後遺障害の認定を得ることが可能となります。

お困りのことやご不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP