死亡事故の損害賠償

交通事故に遭い、交通事故被害者の方がお亡くなりになられてしまった場合、ご遺族が損害賠償として請求できるのは、以下の4つになります。

死亡事故の損害賠償の4分類

 

分類

項目

死亡するまでの怪我による損害

治療関係費、付添看護費、休業損害など

葬儀費

戒名、読経料、葬儀社への支払いなど

逸失利益

本人が生きていれば得られたはずの収入

慰謝料

被害者および遺族の精神的苦痛に対する慰謝料

死亡事故の損害賠償計算における注意点

死亡事故においても、自賠責保険の基準と裁判所の基準は全く異なりますので、保険会社から示談が提案された場合は、注意が必要です。

葬儀費

葬儀そのものにかかった費用や49日の法事の費用、仏壇購入費、墓碑建立費が若干認められる場合もありますが、自賠責保険では60万円までとされています。
一方で裁判基準では、130万円~170万円程度が適切とされております。香典返しなどの費用は認められません。

慰謝料

被害者が死亡した場合の慰謝料は、被害者の遺族が被害者本人の慰謝料、ならびに遺族の慰謝料を請求することができます。慰謝料も自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判基準によって慰謝料の金額が大きく異なりますので注意して確認しておくことが必要です。

逸失利益

最も金額に差が生じるのが、実はこの逸失利益です。
例えば、逸失利益を算出する際の基礎となる収入をどのように認定するか、という際に、亡くなった方が公務員であったり、会社員である場合には、当然、将来昇給することもあり得るわけですが、保険会社からの提示で、この点が加味されることはまずありません。

このように、保険会社の提示と適正な賠償額との間にはかい離があることがほとんどですので、提示を受けられた方は、まず弁護士にご相談されることをお勧めします。


初回相談無料 法律相談のご予約はお電話で 0120-745-014

当事務所の新着解決事例&トピックス

受傷部位・障害名別解決事例

    • 顔
    • 頭蓋骨
    • 高次脳機能障害
    • くも膜下出血
    • 目
    • 首(むちうち)
    • 鎖骨
    • 肩
    • 胸部
    • 橈尺骨
    • 手
    • 脊髄・脊柱
    • 腰
    • 膝
    • 大腿骨
    • 脛骨
    • 死亡事故
    • 物損事故
等級
  • 1級~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし
性別
  • 男性
  • 女性
職業・年代
  • 小児
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • シニア
症病の状態
  • 捻挫・むちうち
  • 骨折・打撲
  • 醜状障害
  • 高次脳機能障害
  • 機能障害
  • 死亡
  • その他
PAGE TOP